スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。今年は申年ということで Happy Year of the Monkey

2016-01-09 | 16:00

2016年賀

ブームスラング Boomslang

2015-12-13 | 17:24


先月、ボツワナ北部のサファリロッジで撮影したブームスラングという美しい樹上性のヘビです。猛毒ですが、人を咬むことはまずありません。

Boomslang (Dispholidus typus) shot last month at a Safari lodge in Northern Botswana


GY1_7649.jpg

アサヒカメラ9月号グラビア掲載中

2015-08-22 | 22:18

現在発売中のアサヒカメラ9月号にグラビア「野生の大地より」掲載中です。
超高画素機特集なので、ニコンD800, D800E, D810で撮った作品のみを載せています。
書店で見かけたら是非手にとってみてください。解像感の高さがお分かりいただけるはずです。
Few of my images are published on this month's ASAHI CAMERA.
As it is an issue focusing on high resolution cameras, shots taken with Nikon D800, D800E and D810 have been selected.

アサヒカメラ2015年9月号


アサヒカメラ2015年9月号作品

8月10日は世界ライオンデー World Lion Day

2015-08-10 | 09:53

 今日、8月10日は世界ライオン・デー( World Lion Day)だそうで、ライオンの置かれている状況について考えてみようということです。
現在、野生のライオンの数は推定で30,000頭弱。生息環境の減少などにより、その数は減り続けています。他の野生動物にまつわる問題と同様、ただ単に「ライオンを保護しよう」などと叫ぶことにはまったく意味はなく、問題の解決にもなりません。
 また、先日のジンパブエの一件のように、特定の個人の行為や、トロフィー・ハンティングをピンポイントで攻撃することも、状況の改善にはつながらないと考えます。ライオンが暮らすには、多くの草食動物が暮らせる健全で広大な生息環境が必要となります。貧困層が国民の大多数を占めるアフリカの国々では、土地利用権を巡り、また野生動物が人にもたらす被害(危害)などを巡り、様々な軋轢が存在しています。それらの問題を解決または改善しない限り、ライオンを含め、大多数の野生動物は絶滅するでしょう。生きたライオンの方が、死んだライオン(或いはライオンがいない環境)よりも価値があると現地の人々が認識しなければ、際限なく高まる人口圧力が勝ってしまうのは自明の理でしょう。
 そこで、我々日本人に何ができるのか?私の答えは、もっとアフリカに行って、サファリに参加してライオンを見る。つまり、もっと現地にお金を落とすということです。

Happy Lion Day!!

(写真は南アとボツワナにまたがるカラハリ・トランスフロンティア・パーク)で出会った5歳半のオスライオン)
画像-1-2

ミズノ・ウェーブナビゲーション Mizuno Wave Navigation

2015-08-04 | 11:40

来月から年内にかけて、南アフリカ/ボツワナと日本とを3往復するので足元を新調。 
ミズノのウェーブ・ナビゲーションというモデルで、ゴアテックスの外装とビブラムソールを使用したハイカットのトレッキングシューズです。
サファリロッジに滞在する旅で別にこんなゴツい靴は必要ないのですが、普段履きでもトレッキングシューズを使う癖があり、
今まで使ってきたミズノのベルグというモデルが最早修理もできないくらいボロボロになったので購入に至りました。

過去にコロンビアなどの海外メーカーのものも履いてきましたが、やはり西洋人用に作られたものは、EEEと表記されていてもも幅が狭くフィット感がイマイチでした。
その点ミズノは国内メーカーだけあって日本人の足にピッタリのシェイプで、ネット通販で購入しても安心なのがありがたいです。
ただ、ミズノの難点は、値段の割りに外装の耐久性が低いこと。
特に岩での磨耗に弱いというのが個人的な印象です。さて、今回はどれくらい持つかな?

DSCN3100.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。