スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミビアからこんにちは! Hello from Namibia

2010-12-01 | 16:47

PelsFishOwl1.jpg


現在ナミビアの首都ウィントフックの友人宅にいます。

マシャトゥの後訪れたカバンゴ河畔のドロツキーズキャビンは最高でした。野鳥撮影には本当にお勧めです。
ま、アフリカの鳥類に詳しい人にしか分からないでしょうが、何とウオクイフクロウとアフリカキヌバネドリの撮影に成功しました!!!!(本当にこのネタは日本では殆ど理解されないでしょうね・・・)

一昨日まではエトシャ国立公園にいました。現在雨季の真っ只中で、連日大雨が降っていますが写真的には非常に面白い季節と言ってよいでしょう。何しろ空気が澄んでいる上に日光による陽炎が立ちにくいのでとてもシャープでクリアな絵が撮れます。さらに、夜間に雨が降り続くと夜行性の動物達の採食が出来ないので、日中、雨が止んだときに出てきたりします。あと、生まれて初めて水に潜るブチハイエナを目撃しました。水場の池の中に何か大きな動物の死体があり、それを引き上げるために何度も何度も水中にダイブしていました。今は時間が無いので写真は日本に戻ってからアップしようかと思います。

これから南アフリカのカラハリ砂漠に向かい、9日間撮影をした後プレトリアに戻り12日には帰国です。多分現地からの報告はこれが最後になると思います。

NarinaTrogon1.jpg


I'm in Windhoek, Namibia now, just about leave for the Kalahari Transfrontier Park in South Africa.

After my visit to Mashatu, I spent a couple of days at Drotsky's Camp on the banks of the Kavango river. What a place!! With the help of the people there, I've managed to photograph some very special birds like the Pel's Fish Owl and Narina trogon!!

The last couple of days were spent in Etosha national park, which was very exciting too. Lots of rain on the Eastern side of the park with some very dramatic cloud formations. The light was great and because the air is clear, it was generally very good for photography.
In terms of animal behaviour, the most interesting sighting was a Spotted Hyaena diving into the water in order to retrieve a carcass of some animal. I had seen Hyaenas swimming in the past, but never one "diving" underwater.

After spending 9days in the Kalahari, I will drive back to Pretoria, then on the 12th of Dec I shall be back in Japan.
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。