FC2ブログ

ツキノワテリムク

2019-05-21 | 16:20

セレンゲティやンゴロンゴロ、マニヤラ湖、タランギレなど、北部タンザニアの保護区でサファリに出ると必ず出会う鳥がいる。それがこのツキノワテリムク。非常に美しい鳥で、 Superb Starling (華美なムクドリ)という実に安直な英名を持つ。 キャンプ場やピクニックサイトに残飯狙いでうじゃうじゃやってくるので、見つけるのは簡単、というかメシの邪魔をするのでカラス並みに迷惑で、バードウォッチングの観点からは雑魚に近い存在なのだが、まともな写真を撮るとなるとこれがなかなか難しい。というのも足元に寄ってきたり、テーブルに乗っかってせわしなくちょろちょろ動き回るので、自然で綺麗な背景を入れ込むことが困難なのだ。加えてテリムクドリは、その名の通りテカっている。これが曲者で、光の向き次第では逆に真っ黒に見えてしまう。背景と光線、そして相手までの距離(手元のレンズの焦点距離)がマッチングした時にのみ、まともな写真が撮れる。190516_starling2_.jpg

この写真は先週ンゴロンゴロ・クレーターのピクニックサイトで昼飯中に撮影した。機材はニコンD500に500mm f/5.6E PF。鳥を撮るには最高のコンビネーションで、750mm相当の画角を物凄くコンパクトなパッケージで、それも素晴らしい高画質で実現している。しかも適度に被写界深度が深いので、ピント合わせの際の許容範囲が広い。500mm f/4クラスのレンズだと極めてシビアにピントを合わせねばならず、モノがデカ過ぎて取り回しが困難な上に相手を驚かせてチャンスを逃すケースが多発するが、500mm PF ならそんな心配もない。加えて最短撮影距離が3m以下なので至近距離のターゲットにも容易に対応できる。この組み合わせを手に入れてからというもの、サファリでの写真の打率がかなり上がったと感じている。
190516_starling.jpg
スポンサーサイト



ブームスラング Boomslang

2015-12-13 | 17:24


先月、ボツワナ北部のサファリロッジで撮影したブームスラングという美しい樹上性のヘビです。猛毒ですが、人を咬むことはまずありません。

Boomslang (Dispholidus typus) shot last month at a Safari lodge in Northern Botswana


GY1_7649.jpg

ケープタウンとホオジロザメ  Cape Town and the Great White Shark 

2015-05-10 | 13:04

水中写真は門外漢ですが、俗にスーパープレデターと呼ばれる捕食者は陸海空を問わず好きなので、今月末に南アフリカのケープタウンでホオジロザメのケージダイビングに参加することを決断。目的はオットセイの子供を狙ってブリーチする姿を見ることなので、ケージの中からの写真は特に期待していません(と言うかまともな水中機材なんか持ってないし)。ブリーチはシーズンが6月から8月上旬までなので、もしかしたらって感じ。まあそれらが駄目でも、海側からオットセイのコロニー等を撮れるはずなので、それだけでも悪くないかと。
写真は2009年にガイドブックを作った時にケージから撮影したホオジロザメです。
Decided to go on a Great White Shark cage dive in Cape Town at the end of the month.
The shot is from 2009 when I went on a cage dive for the first time at Gansbaai, South Africa

ホオジロザメ

カワイノシシ Bush Pig (Potamochoerus larvatus) @ Mashatu Game Reserve, Botswana

2014-09-20 | 21:49

今回ボツワナのマシャトゥ動物保護区で辛うじて、そして初めて撮影に成功したカワイノシシです。そこら中にいるイボイノシシと違い、主に夜行性で臆病なため普通のサファリでは滅多に見れません。2014年9月9日撮影
With a stroke of luck, I've managed to grab this shot of a Bush Pig (Potamochoerus larvatus) for the first time in my life. It was running across a dry river bed in Mashatu Game Reserve, Botswana. Not a great shot but extremely pleased!!

カワイノシシ
<画像無断転載厳禁>

マラマラの動物: シロオマングースとヨコスジジャッカル White-tailed Mongoose & Side-striped Jackal @ Mala Mala

2014-09-15 | 20:54

今回マラマラ動物保護区で撮れた、普段のサファリではあまり目にしない動物を二種ご紹介。
一種目はシロオマングース。南部アフリカ最大のマングースで全長1mほどになります。完全な夜行性で、日中目にすることはありません。
もう一種はヨコスジジャッカル。セグロジャッカルよりもずっと数が少なく、湿地帯や河辺林に暮らしています。南アフリカで見たのは今回が初めてでした。

Two species of mammals I've managed to photograph at Mala Mala last week: White Tailed Mongoose (Ichneumia albicauda) and Side-striped Jackal (Canis adustus)

シロオマングース


>ヨコスジジャッカル

画像無断転載厳禁